育児日誌をつける


1行でいいから子どもの記録を残す

皆さんは育児日誌をつけられてますか?
え?私ですか?
もちろん、書いてましたよ!!
書いて・・・ました・・・よ?
悲しきかな、過去形です。二人目が産まれて2ヶ月くらいは、授乳の時間とかウンチの回数とか、こまめにつけていたんですけどね~。飽き性なんですかね?それとも生まれ持ったズボラな性格のせいですかね?ある日を境にパタッと書かなくなってしまいました。
だって、毎日そうそう書くことなんてないんだもん!何かと忙しいし(オイオイ)
でもですね、できることなら書き続けたほうがいいと思うんです。というのも、一人目の時は3年ほど育児日誌つけ続けていて、今でも良き想い出として残っているから。一人目はもう小学校高学年なんで、私がつけていた日誌を読めるんです。中には愚痴なんかも書いてあったりするので、あんまり見られると恥ずかしいんですけどね。それでも小さい頃の自分の様子が知れてすごく喜んでいます。
そんな一人目の姿を見るたびに、「書いてて良かった~!」と思うとともに、二人目に「ごめんね~(泣)」って心の中で謝っています。今からでも2人目の育児日誌、再開してみようかな?

いつまでつける?

さて、私のように途中で育児日誌を書き続けるのを諦めてしまう人がいる一方で、ずっと続けている方もおられます。知り合いなんか子どもが10歳になるまで成長の記録を残し続けているんですよ!スゴイを通り越してビックリですよ、私からしたら。
育児日誌って、そもそも子どもがいくつになるまでつけるものなんでしょうかね?そもそも「何歳まで」って、年齢制限があるものではないから、お母さん自身が決めればいいのでしょうけど。
私がアドバイスできるとしたら、育児日誌をつけることが苦痛になってしまうほどにまで、無理して続ける必要はないってこと。初めてできたことがあった日や、運動会やお遊戯界などのイベントごと、誕生日などの記念日だけ書き記していてもいいじゃないですか?せっかく思い出に残る育児日誌をつけていくんですもん。楽しんで続けていきましょう。

種類豊富でネット販売も多い。アプリもある。

最近の育児日誌って、デザインが凝っていますよね~!乙女心をくすぐる品々が本屋さんにたくさん並んでいるのをよくみかけますもんね!「自分にはかわいすぎるかな?」って思ってしまようなデザインでも、育児日誌なら購買意欲が沸いてくるから不思議。
お近くの本屋さんにお気に入りの商品がなければ、ネット販売を利用されるといいですよ!シックなデザインのものからキャラクターがあしらわれたかわいい商品まで選びたい放題です。
「育児日誌はつけたいけど筆不精だからなぁ」
と思われている方は、スマホアプリのご利用がオススメですよ!写真に一文添えて記録を残せるものや予防接種の時期を管理できるもの、家族と共有して楽しめるものなど、様々なタイプのものがあるので、気になるものをお選びいただければいいかなと。
人にオススメするばかりじゃなくて、私も一度挫折した二人目の育児日誌を、今度はアプリを使ってつけていこうっと♪

おすすめ記事ピックアップ

育児中の仕事 小さい子どもを抱えながら仕事をする女性の現状や悩みについて、書いてあるページです。ママが面接を受けるときに事前に準備しておきたいことや、保育園を探すタイミングについてもお話しているので、休職中の方もぜひご覧下さいね!

話題の育児法 「自分の子育てのやり方って合ってるのかな?」そんな疑問をお持ちなら、こちらのページがおすすめ!最近話題の「語りかけ育児」と「自然育児」についてご紹介しています。育児法、実践できそうなところから、上手く取り入れていけば、負担なく続けていけると思いますよ!

育児にかかるお金を知る 「一人の子どもを育てるのに、どれくらいのお金が必要なの?」そんな疑問が沸いてきても、お金のことってなかなか人に聞きづらいですよね。だからこそ、ここで全て解決しちゃいましょう♪子育てにかかる費用や、子どもがいるからこそもらえるお金について紹介しています!

育児しながら仕事する 育児中の仕事はなにも、大変なことばかりではありません。育児中の今、働くからこそのメリットも実はあるんです!どんなメリットがあるのかを見ていくことにしましょう。育児と仕事を上手に両立していくコツや、自分にあった求人を探すテクニックについても紹介中です!